スタッフブログ

2013.01.31更新

小児矯正とは、子どものころに行う歯列矯正治療の事を言います。
歯列矯正は、成人してからでも可能なものです。

しかし、子どもの時期から矯正を行うことは、成長過程で理想的な治療を行うことができ、大人になるまでに理想的な歯並びになるものです。
大人の矯正は、すでに顎骨の成長が終わってしまっていることで、基本的には歯を動かす矯正になってしまいます。

しかし、成長段階にある子どもは、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことができます。
ところで、歯並びや噛み合わせの問題は、遺伝から来るものと歯の生え方から来るものの2つに分けられます。
遺伝によるものは、治りづらく、歯を抜いたり骨を削ったりして治すケースが多いです。

しかし、その場合においても、成長期前に適切な治療をすることでうまく治る場合が多いのです。
顎の成長には、年齢や男女差はありますが、だいたい上顎は10歳から12歳くらい、下顎は12、3歳から14、5歳くらいです。お子さんの成長を見ながら行うのも良いタイミングです。

特に、乳歯が永久歯に生え変わる時期に歯並びが気になるという保護者の方が多いのが現状のようです。
アリスバンビーニでの小児矯正は、個性正常咬合をめざして、出来る限り歯を抜かずになるべく良い環境をつくり良い歯並びや噛み合わせに誘導し管理していきます。
矯正に使用する装置も、出来る限り日常生活や日常の食生活に負担が少ないものを使用しています。

お子さんの歯並びや噛み合わせで悩んでいる保護者の方にはぜひ一度アリスバンビーニ小児歯科にぜひ一度ご相談ください。

投稿者: 医療法人アリスバンビーニ小児歯科

医療法人 小児歯科専門医院 アリスバンビー二小児歯科 朝霞診療所 048-464-8388 平日10:00-12:00 / 14:00-19:00土曜午後は(13:00-18:00) 休診日 木曜・日曜・祝日 大森診療所 03-3768-8388 平日10:00-12:00 / 14:00-19:00土曜午後は(13:00-18:00) 休診日 木曜・日曜・祝日